金券ショップ買取活用術!お得に水族館に行くには

金券ショップ買取活用術!お得に水族館に行くには

大人も子供も楽しめる水族館、お休みの日には家族そろって行きたいものです。しかし、水族館に限らずレジャー施設はたいてい高く、子供はまだしも大人は高くなり、家族みんなでとなるとかなりの出費になります。お試し1か月無料のクーポンサイトや、アプリを利用する、指定のクレジットカードなどの割引を利用する、水族館が入っている施設のクレジットカード以外でも提携しているクレジットカードやJAFカードが使える施設もあります。こちらは同伴者も同料金で入場できます(人数は施設により異なります。) 上記の2つのどちらかを利用するだけでも、通常料金よりもお得に入場することができます。今回はそれ以外の方法「金券ショップ」をご紹介します。

大分のうみたまごめっちゃ綺麗でたのしかったー #水族館 #うみたまご水族館

ナカガワ リュウキさん(@liquorjin)がシェアした投稿 –

金券ショップとは

 金券ショップとはその名の通り商品券や図書カードの金券、新幹線のチケットや映画の前売り券を販売しています。もちろん水族館をはじめ、各種レジャー施設の入場券も販売しています

金券ショップだとどのくらい安くなる?

どのくらい安く買えるのか、店舗や土地柄によって違うので一概には言えませんが、単価の9割ほどで販売しているところが多い傾向にあります。お店によって取り扱っている種類も違うので、水族館の入場券などはご自宅近くの金券ショップよりも水族館近くの金券ショップを覗いてみた方がお得に買える確率が上がります。とはいえ枚数に限りもあり運任せ、前売りとあまり変わらない印象ですね。

活用法は水族館チケットだけじゃない

実は金券ショップの利用は水族館のチケットを買うためではないのです。 生活をしていくうえで、お金というものは必ずかかります。しかし、食品をはじめ、ほとんどのものが現金以外で買えてしまいます。そう、それが金券です。先に記載した通り実際の9割で購入できるところが多くあります。

つまり1000円の商品券を10枚購入したとします。1枚900円で購入できるので、実質は9000円で10000円分のお買い物ができてしまうのです。5000円などの高額な商品券もありますが、商品券はおつりが出ないものが多いので、1000円の方が使い勝手がよくなっています。5000円の商品券が安かった場合は食材のまとめ買いやスーツや家電製品など金額が高いものを購入するときなどに利用します。また、図書カードは使い切るまで何度も利用できるので、参考書や、雑誌を買う時に大変便利です。帰省などには新幹線のチケットを購入、利用できます。

まさに、塵も積もれば山となる、こうした日々のちょっとした工夫で貯金をし、先に紹介した割引方法を使うととてもお得に水族館に行くことができます。

「買取」であらゆるものを現金化

金券ショップのもう一つの活用法として、「買取」があります。余ってしまった年賀はがきや書き損じはがきや、商品券などを買い取ってくれます。年賀はがきは両面記載されているものは買取ができません。官製はがきは店舗によって両面記載が大丈夫(程度にもよる)か無理か変わってきます。買取の値段も地域や店舗によって変わります。また日々変動しますので、店舗に行く前には電話をして問合わせ、提示された額で納得した場合は、いつまでに持っていけばその額なのか、店舗の人に電話で尋ねた旨を聞けば大丈夫なのか確認することをおすすめします。

一度金券ショップをのぞいてみよう!

金券ショップはお得感も味わえ、無理なく節約できるので是非一度試してみてください。 公開中の映画の前売り券なども販売しています。ショッピングモールにもあるところが 多いので、お買い物の前にぜひ一度立ち寄ってみてください。