金券ショップで水族館をお得に楽しむ方法・注意点

金券ショップで水族館をお得に楽しむ方法・注意点

金券ショップでは、水族館のチケットも流通しています。このように、現金と同等に扱えるいわゆる金券の他にも金券ショップでは扱われ、それらの商材の1つがチケット類です。株主優待券や会社の福利厚生などで売り手が受け取ったものの利用されないチケット類が持ち込まれます。今回は水族館をお得に楽しむ方法をまとめました。

割引券も買えます

金券ショップで買えるのは、入場券だけではなく割引券もあります。割引券の場合は1枚で団体の費用を割り引くことも出来るので、額面で買ったとしても複数人で訪れるならコスパの良い買い物です。割引額を最大にしようと考えるのであれば、割引券の最大利用可能人数で使ってみましょう。例えば5人まで500円引きにできる割引券1枚を500円で買ったとします。5人で使用すると合計2500円値引きになり、2000円の差額が生まれます。

水族館の入場チケットは安い?

規模や知名度にもよりますが、普通に購入するよりは低価格です。場所によって額面との差が大きくなります。さらに、市営や県営など公営の水族館と私営の水族館では入場料や割引の条件はバラバラです。公営の水族館では生協や福利厚生の方がもっと安くなる場合も。行きたい水族館の相場や割引きされる条件をチェックし、より財布に優しい方を選びましょう。ペアチケットや親子チケットなど一緒に行く人の年齢や人数が指定されるタイプは水族館には見られません。

金券ショップで買うときの注意

団体チケットや有効期限があるチケットなども並んでいます。団体チケットは単体で使用できるのかどうか調べてから買いましょう。また、有効期限が短いと安くなることがありますので、注意は必要です。また、全ての水族館のチケットが扱われているとは限りません。曜日や日にちによっては使えないというように使用にあたり制限がつくチケットには特に注意しましょう。

まとめ

水族館のチケットも金券ショップで一部扱われています。水族館のチケットは金券に比べると流通量も少ない傾向です。金券ショップで買うと正規の入場料よりはお得に購入できる一方で、公営の水族館では金券ショップよりも安くチケットを手に入れる手段はいくつか用意されています。販売されるチケットには割引券と入場券があり、複数名で利用するなら割引券を購入する方が安く済むことも。利用する人数や年齢層によっては金券ショップを使うかどうかも含めてどこからチケットを入手するのか考えてみてください。